物流ニッポン > 日本郵便/配送ロボ公道走行、23年度まで実用化めざす 自律運用を屋内外で実証
物流企業
2020/10/13

日本郵便/配送ロボ公道走行、23年度まで実用化めざす 自律運用を屋内外で実証

管理者用
物流ニッポン

 日本郵便(衣川和秀社長、東京都千代田区)は、物流分野での配送ロボットの活用に向けた日本初の公道走行実証実験を東京都千代田区で行っている。目的地まで自律的に運用できる可能性を検証するため、近接及び遠隔での監視・操作で実施。2023年までの実用化を目指し、10月下旬の実験終了後も、公道を含む屋内外での実証に引き続き取り組んでいく。(田中信也)
【写真=横断歩道や幅の狭い歩道を通行し、荷物を届ける】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト