物流ニッポン > 中越運送、危険物取り扱い本格化 新潟東港に低温倉庫
物流企業
2020/10/13

中越運送、危険物取り扱い本格化 新潟東港に低温倉庫

管理者用
物流ニッポン

 中越運送(中山元四郎社長、新潟市中央区)は危険物に関わる物流業務を本格的に手掛ける。新潟東港ロジスティクスセンター(北区)内に専用の低温倉庫を新設し、10月13日から稼働。半導体などの微細加工に使用される感光性樹脂、フォトレジストを保管する。2日に開所式を開いた。(河野元)
【写真=搬出入口にはドックシェルターを採用】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト