物流ニッポン > 食品急送、AIサーマルカメラ活用 物流施設 ・保育園に導入
物流企業
2020/10/13

食品急送、AIサーマルカメラ活用 物流施設 ・保育園に導入

管理者用
物流ニッポン

 食品急送(椿谷智春社長、北海道石狩市)は、新型コロナウイルス感染予防対策の一環として、一度に複数人の体表温度を自動で計測するAI(人工知能)サーマルカメラを活用している。7月に本社事務所の入り口に1台導入。9月までに、物流センターや社内保育園などにも追加し、計4台を取り付けた。今後、他の営業所や倉庫への設置も検討している。(高清水彩)
【写真=通過時の映像と体温、サーモグラフィーをリアルタイムで表示】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト