物流ニッポン > フォワーダー各社/国内航空貨物、代替輸送網の構築模索 ベリースペース大幅減
物流
2020/10/02

フォワーダー各社/国内航空貨物、代替輸送網の構築模索 ベリースペース大幅減

管理者用
物流ニッポン

 国内フォワーダー各社は、新型コロナウイルスの影響による旅客便の減便・運休と機材(航空機)の小型化によって縮小したスペースの確保に苦慮している。失われたベリースペース(旅客機の貨物室)は前年比60~70%、ローカル路線では80%に上ると推定される。一方で、新型コロナによる消費活動の縮小を受け低迷していた国内発着の航空貨物は、ここに来て輸送需要が徐々に回復しつつある。貨物の安定供給に向け、各社は航空に代わる輸送網の構築などを模索している。(井内亨、北原秀紀、高橋朋宏、上田慎二)


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト