物流ニッポン > 東京ユニオン物流、新検品システム導入 伝票印刷→出庫の各工程で時短
物流企業
2020/09/18

東京ユニオン物流、新検品システム導入 伝票印刷→出庫の各工程で時短

管理者用
物流ニッポン

 東京システム運輸ホールディングス(河端常男社長、東京都東大和市)グループの輸送部門である東京ユニオン物流(川崎和夫社長、武蔵村山市)は9月7日から、共同配送の業務改善に独自の「手動JAN検品システム」を導入した。商品識別用バーコードを検品、仕分け業務に使う。従来18時間かかっていた伝票印刷から配車・出庫までの工程を最短で5時間に短縮。仕分け・検品の改善から、共同配送全体を効率化する取り組みにつなげていく。(佐々木健)
【写真=グループ開発の管理システムで動く「手動JAN検品システム」】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト