物流ニッポン > 佐川急便、電動アシスト自転車導入 150㌔積載可能
物流企業
2020/09/15

佐川急便、電動アシスト自転車導入 150㌔積載可能

管理者用
物流ニッポン

 SGホールディングスは9月10日、佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)が豊田TRIKE(豊田浩之社長、東京都台東区)と共同開発を進めてきた業務用電動アシスト自転車「トライクカーゴ」の本格導入を開始した、と発表した。8月24日から全国の60営業所に計155台を順次導入。共同開発に当たっては、2019年3月から佐川急便営業所の複数拠点を対象にトライアルを行い、改良を重ねながら検証を進めてきた。(田中信也)
【写真=全国60営業所に計155台を順次導入


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト