物流ニッポン > 北陸環境サービス、最終処分場が本稼働 中部などから産廃受け入れ
物流企業
2020/09/15

北陸環境サービス、最終処分場が本稼働 中部などから産廃受け入れ

管理者用
物流ニッポン

 【福井】北陸環境サービス(木下高廣社長、福井県あわら市)は9月1日、産業廃棄物を扱う最終処分場(福井市白滝町)を本稼働させた。福井県では、最大規模かつ唯一の民間企業による管理型最終処分場で、水処理などの環境対策も徹底。中部や関西の広範囲なエリアから産業廃棄物を受け入れ、物流効率化やコスト削減への寄与を目指す。(星野誠)
【写真=総面積は20万平方㍍】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト