物流ニッポン > 丸吉ロジ、LNGヘッド導入検討 アルミシャシーと併用
物流企業
2020/09/08

丸吉ロジ、LNGヘッド導入検討 アルミシャシーと併用

管理者用
物流ニッポン

 【北海道】丸吉ロジ(吉谷隆昭社長、北海道北広島市)は荷主企業などと連携し、LNG(液化天然ガス)燃料のトラクタヘッド導入に向け検討を進める。積載量30㌧の3軸アルミシャシーと併用し、ミルクラン方式(巡回方式)で道内での鋼材輸送などに利用。二酸化炭素(CO)や窒素酸化物(NO)、硫黄酸化物(SO)などの排出量削減と輸送の効率化を図る。(朽木崇洋)
【写真=計画全体でのCO排出量削減目標は、1年間当たり70.1㌧】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト