物流ニッポン > とちぎ食肉センター、県内処理の食肉初出荷 生体輸送時間を大幅短縮
荷 主
2020/09/04

とちぎ食肉センター、県内処理の食肉初出荷 生体輸送時間を大幅短縮

管理者用
物流ニッポン

 栃木県畜産公社(阿久津聡社長、栃木県芳賀町)が運営するとちぎ食肉センター(同町)で、ブランド黒毛和牛「とちぎ和牛」の初輸出セレモニーが8月31日開かれた。とちぎ食肉センターは4月から稼働している県内初の牛肉輸出対応施設で、HACCP(ハサップ=危険度分析による衛生管理)を導入。従来、他県の食肉センターから輸出していた牛肉を、栃木県で処理できる。(伊代野輝)
【写真=福田知事(左から4人目)らがテープカット】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト