物流ニッポン > トップライン、ドライバー業務均等化 不満要因を解消
物流企業
2020/09/04

トップライン、ドライバー業務均等化 不満要因を解消

管理者用
物流ニッポン

 【愛知】トップライン(中嶋洋子社長、愛知県小牧市)は、ドライバーの業務の均等化を推進している。ドライバーが同じ業務を専属的に行うことで生じる社員間のあつれきを解消し、働きやすく社風の良い環境づくりに努める。また、労働時間や賃金の差異を解消しながら、業務改善や効率化につなげる。(奥出和彦)
【写真=自社車両では郵便の拠点間輸送などがメイン】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト