物流ニッポン > 国交省など、計画段階評価に着手 下関北九州道路事業化むけ
物流
2020/09/01

国交省など、計画段階評価に着手 下関北九州道路事業化むけ

管理者用
物流ニッポン

 【福岡】北九州市と山口県下関市の関門海峡を結ぶ「下関北九州道路」の事業化を目指し、国土交通省、関係自治体は国直轄事業の新規採択に向けた「計画段階評価」の手続きに着手している。北九州市―下関市で大型特殊車両が唯一乗船できた関門海峡フェリーが、2011年に運航を休止。現行の橋りょうとトンネルは老朽化が進み、安全・利便性が十分と言えない状況が続いている。活断層による地震被害を想定した場合、新たに建設するなら下関北九州道路は海底トンネルより「橋りょう(つり橋)が妥当」とする案が浮上。福岡県トラック協会(眞鍋博俊会長)は「大規模災害に備え、早期建設が待たれる重要な道路」と位置付け、国、地方自治体、政財界への働き掛けを強めている。(武原顕)
【写真=現行の関門トンネル】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト