物流ニッポン > 点呼ロボ「ユニボ」、導入補助の対象に 日貨協連が受け付け
団 体
2020/08/25

点呼ロボ「ユニボ」、導入補助の対象に 日貨協連が受け付け

管理者用
物流ニッポン

 日本貨物運送協同組合連合会(吉野雅山会長)は、AI(人工知能)ロボット点呼機器「ユニボ」(富士通製)が経済産業省の生産性向上IT(情報技術)導入補助対象機器に認定されたのを受け、9月1日から助成申請の受け付けを開始する。中小企業が対象で、レンタル(3年)料初年度分の4分の3を補助。補助金額の上限以内であれば複数台数を導入できる。日貨協連とユニボを開発したナブアシスト(望月明夫社長、前橋市)が共同事業体として事業者の支援を行う。(北原秀紀)
【写真=非対面で24時間行え、正確なデータ把握なども可能なロボット点呼への関心が集まる】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト