物流ニッポン > 全ト協調べ/景況感4~6月、物量減少し30㌽悪化 7~9月は改善か
団 体
2020/08/21

全ト協調べ/景況感4~6月、物量減少し30㌽悪化 7~9月は改善か

管理者用
物流ニッポン

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が8月17日発表した、4~6月期のトラック運送業界の景況感(速報値)は「マイナス112.5」で、1~3月期より30.1㌽悪化した。新型コロナウイルスの感染拡大で、宅配を除く物量が減少した。悪化幅が30㌽を超えるのは、消費増税があった14年4~6月期の45.0㌽悪化以来。今後は、経済活動が徐々に再開されてきているとして、20年4~6月期と比べ1.7㌽改善の「マイナス110.8」を見込む。(辻本亮平)


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト