物流ニッポン > 愛媛4物流会社が協定 コロナ感染時に業務代行
物流企業
2020/08/14

愛媛4物流会社が協定 コロナ感染時に業務代行

管理者用
物流ニッポン

 トーヨー・ロジテック(西岡斉社長、愛媛県四国中央市)など、共通の荷主を持つ愛媛県の物流企業4社は、新型コロナウイルス感染症対策の業務協定を結んだ。1社から感染者が出ても輸送機能が低下しないよう他の3社が支援し、荷主の事業活動を止めないのが目的。7月末に調印し、8月1日から発動可能となっている。ウィズコロナ(新型コロナとの共存)時代を見据えた地方企業同士のアライアンスで、全国的にも新しい取り組みといえる。(矢野孝明)
【写真=4社がそろって荷主を訪問(右からトーヨー・ロジテックの西岡社長、丸福運送の石川社長、宇和島自動車運送の清家敦智常務、大西物流の大西社長)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト