物流ニッポン > ボルテックスセイグン、工場内物流を自動化 群大と連携PJ開始
物流企業
2020/08/11

ボルテックスセイグン、工場内物流を自動化 群大と連携PJ開始

管理者用
物流ニッポン

 ボルテックスセイグン(武井宏社長、群馬県安中市)は、自動運転レベル4(特定条件下での完全自動運転)のトラックを使った場内搬送プロジェクト(PJ)を8月18日に開始する。群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(太田直哉センター長)が開発した自動運転機能を4㌧トラックに搭載し、本社物流センターで運用。同社の基本理念「安全第一主義」をベースとした先進運転支援システムと、安全かつ効率的なルート抽出機能により、工場内物流を自動化する。人手不足に悩む地方の製造工場向けに、将来の市販も視野に2022年2月の実用化を目指す。中小企業でこうした取り組みを進めるのは珍しい。(小瀬川厚)
【写真=本社物流センター内を15分間隔で自動運転のシャトル便を運行】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト