物流ニッポン > 東北、大雨で氾濫相次ぐ 土砂に大型車巻き込まれ
物流
2020/08/04

東北、大雨で氾濫相次ぐ 土砂に大型車巻き込まれ

管理者用
物流ニッポン

 7月27日から東北地方で降り続いた大雨により、山形、秋田など東北各県で河川の氾濫(はんらん)や土砂崩れなどが相次いだ。運送事業者も被害に遭っており、各県のトラック協会は状況確認に当たっている。福島県警高速隊などによると、28日午後2時55分ごろ、東北自動車道の国見インターチェンジ(IC)―白石ICの下り線で土砂崩れが発生。走行していた、宮城県トラック協会(庄子清一会長)に加入する運送事業者の大型ウィング車が巻き込まれ、崩れた土砂に乗り上げた。運転していた60代男性にけがは無かった。(佐藤陽)
【写真=ウィング車を巻き込んだ東北道の土砂崩れを撤去(7月28日=福島県国見町東日本高速道路提供)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト