物流ニッポン > 日本梱包運輸倉庫、全国で6万平米増床 大阪・茨木など5カ所
物流企業
2020/08/04

日本梱包運輸倉庫、全国で6万平米増床 大阪・茨木など5カ所

管理者用
物流ニッポン

 ニッコンホールディングスの中核事業会社、日本梱包運輸倉庫(大岡誠司社長、東京都中央区)は、国内の保管・配送・梱包業務向けの物流センターの拡充・強化を加速させる。計画によると、2021年末までに長浜営業所第2倉庫(滋賀県長浜市)、茨木営業所(仮称、大阪府茨木市)など5カ所(大崎営業所第2倉庫分含む)で、合わせて床面積(保管面積)約6万平方㍍規模を増床。積極的な設備投資を継続的に実施しながら、旺盛な物流需要を取り込む。(高木明)
【写真=関西圏の中核施設として機能する茨木営業所(完成予想図)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト