物流ニッポン > 広島/飲食店むけ物流、7・8割まで回復 輸配送体制見直しの動きも
物流
2020/07/31

広島/飲食店むけ物流、7・8割まで回復 輸配送体制見直しの動きも

管理者用
物流ニッポン

 【広島】政府による緊急事態宣言の解除後、営業自粛によって止まっていた歓楽街などの飲食店向け物流が息を吹き返している。業務用向けの食品を扱う運送会社からは、物量がおおむね新型コロナ前の7、8割まで回復したという声が聞かれるようになった。一方で楽観的な見方は少なく、輸配送の体制を見直す新たな動きも出てきそうだ。(矢野孝明)
【写真=客足が戻ってきた広島市の流川エリア(17日午後8時)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト