物流ニッポン > 大輪総合運輸、AI運転支援システム導入 東大発ベンチャーと提携
物流企業
2020/07/24

大輪総合運輸、AI運転支援システム導入 東大発ベンチャーと提携

管理者用
物流ニッポン

 【徳島】大輪総合運輸(森本英樹社長、徳島県鳴門市)は、AI(人工知能)開発のArithmer(アリスマ―、大田佳宏社長兼CEO=最高経営責任者、東京都港区)と提携し、AIを搭載した運転支援システムの導入を進めている。3月にテスト的に保有車3台へ取り付けたが、ここ1、2カ月で全車両(40台)に導入していく。(江藤和博)
【写真=左ミラーに取り付けたカメラを示す森本社長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト