物流ニッポン > 福通/流通センター、3年で全国15カ所新設 地域の物流需要取り込み
物流企業
2020/07/17

福通/流通センター、3年で全国15カ所新設 地域の物流需要取り込み

管理者用
物流ニッポン

 福山通運は、一時保管や流通加工及び全国向けの輸配送サービスを提供する大型流通センターの増設と、ロジスティクス事業の強化に乗り出す。計画では今後3カ年をかけ、全国に15カ所超の流通センターを新設し、福通グループ全体の総保管面積規模を現行の82万5千平方㍍から106万平方㍍に引き上げる。直近では一宮支店(愛知県一宮市)、前橋支店(前橋市)などが稼働しており、引き続き、2021年夏ごろまでには可児支店(仮称、岐阜県可児市)、越前支店(福井県越前市)が竣工する。土地取得の進ちょくにより、新設箇所が更に増える可能性もあることから、総投資額は300億円超に膨れる見通しだ。(高木明)
【写真=一時保管機能を併設し、中部地区の旗艦施設として開設された一宮支店】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト