物流ニッポン > 朝日通商、受発注オンライン化 「コロナ後」体制整備へ
物流企業
2020/07/10

朝日通商、受発注オンライン化 「コロナ後」体制整備へ

管理者用
物流ニッポン

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、アフターコロナ(新型コロナウイルス収束後)を見据えた体制整備に力を注ぐ。9月までに受発注と仕入れ先とのやり取りをオンライン化し、それ以降に自動配車のシステムづくりも本格化させる。一方、4月には本社隣接地に営業倉庫を新設した。今後も社内体制や営業面などでテレビ会議システムを積極的に導入し、新型コロナによる時代変化に対応する。(江藤和博)
【写真=完成した本社倉庫】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト