物流ニッポン > 日本郵便、最短ルートを自動で算出 配達支援AI試験導入
物流企業
2020/06/23

日本郵便、最短ルートを自動で算出 配達支援AI試験導入

管理者用
物流ニッポン

 日本郵便(衣川和秀社長、東京都千代田区)は6月15日、AI(人工知能)を活用した配達業務支援システムを一部地域で試行導入する、と発表した。配達員の経験に頼っていた配達業務の自動化を進め、初心者でも簡単に配達できる仕組みを構築する。期間は今月から2021年3月までを予定。対象エリアを順次、全国に拡大していく。(中西祥梧)
【写真=AIが自動で配送ルートを提示】  


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト