物流ニッポン > 日本財団、無人運航船の実証支援 25年までに実用化へ
団 体
2020/06/19

日本財団、無人運航船の実証支援 25年までに実用化へ

管理者用
物流ニッポン

 日本財団(笹川陽平会長)は、無人運航船の実証実験を行う五つの民間企業体(コンソーシアム)に支援する。2021年度に各企業体による実証実験を行い、25年までに無人運航船の実用化を目指す。実証実験の事業費総額は41億円超で、日本財団は34億円超を支援する計画だ。6月12日記者会見を開き、笹川会長らが説明した。(井内亨)
【写真=笹川会長(中央)ら(日本財団提供)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト