物流ニッポン > 金曜リポート/物流施設で火災、保険で賄えない事例も 「重ね掛け」得策
産 業
2020/06/12

金曜リポート/物流施設で火災、保険で賄えない事例も 「重ね掛け」得策

管理者用
物流ニッポン

 宮城県岩沼市のマルチテナント(複数企業入居)型物流施設「プロロジスパーク岩沼1」で4月30日に火災が発生、同施設には火災・利益保険が付保されていたが、5月22日時点で補償範囲や支払時期などは確定していない。テナント側も独自に保険に加入していたが、損害保険会社の見方によると、賃貸施設の場合、出火調査の結果によって関係者の賠償責任保険の適用が決まってくるという。また、地震や大雨といった自然災害で被害を受けた場合、火災保険だけでは賄いきれないケースもあり、倉庫会社は様々なリスクを想定して保険に加入しておく必要がありそうだ。(佐藤陽、井内亨)
【写真=マルチ型だったプロロジスパーク岩沼1(5月4日、宮城県岩沼市)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト