物流ニッポン > 赤羽国交相方針、運転・荷役時「非着用」 マスクの熱中症リスクで 
行 政
2020/06/09

赤羽国交相方針、運転・荷役時「非着用」 マスクの熱中症リスクで 

管理者用
物流ニッポン

 夏のシーズンを迎える中、熱中症リスクを回避するため、赤羽一嘉国土交通相は6月1日、トラック、バス、タクシーなどのドライバーに対し、運転や荷役といった非対面での作業時にマスクを外すことを推奨する考えを示した。政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の知見を踏まえ、新型コロナ感染予防のための業種別ガイドラインに盛り込むことを、全日本トラック協会(坂本克己会長)などに促していく方針だ。(田中信也)
【写真=「消費者には正しく状況を理解していただきたい」と赤羽国交相】 


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト