物流ニッポン > ZMP、公道走行へ規制緩和提案 無人宅配ロボ「デリロ」
産 業
2020/06/05

ZMP、公道走行へ規制緩和提案 無人宅配ロボ「デリロ」

管理者用
物流ニッポン

 ZMP(谷口恒社長、東京都文京区)は5月28日、無人宅配ロボット「デリロ」の公道走行の実現に向け、モデル地区の設定による規制緩和を提案した。EC(電子商取引)の増加により物量が増加する一方、宅配事業者のラストワンマイルでの課題解決(ドライバー不足など)のメドが立たない状況の中、ロボットにより労働力を補うための実験が活発化。また、新型コロナウイルスの感染拡大により非接触・非対面での配達ニーズが高まり、14日の政府の未来投資会議で「宅配ロボットの活用」が言及されている。(田中信也)
【写真=無人宅配ロボット「デリロ」の実証実験の様子】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト