物流ニッポン > 小平産業、新型ダンプ 36トンアルミ製トレーラ
産 業
2020/06/02

小平産業、新型ダンプ 36トンアルミ製トレーラ

t.kokudo
物流ニッポン

 トラック特装メーカーの小平産業(小平武史社長、栃木県小山市)は5月28日、アルミニウム製フラッツモール型ダンプトレーラを発表した。2015年に改正された道路運送車両の保安基準に対応し、GVW(車両総重量)が36㌧、最大積載量は28トン。GVW36トンクラスでアルミ1.2トンの軽量化を実現して積載量をアップさせた。経済性と安全性などで、コダイラブランド技術の集大成と位置付けている。(佐々木健)
【写真=セノプロとのコラボで最先端デザインを採用】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト