物流ニッポン > エアロジーラボ、新型ドローン量産体制へ 岡山・和気で実証
産 業
2020/05/22

エアロジーラボ、新型ドローン量産体制へ 岡山・和気で実証

t.kokudo
物流ニッポン

 エアロジーラボ(谷紳一社長、大阪府箕面市)は、エンジンとバッテリーのハイブリッドタイプのドローン(小型無人機)の新型機「エアロレンジ・プロ」を開発し、年内に量産体制を確立する。量産に先駆け、岡山県和気町で、目視外・補助者無しでの実証実験を行う予定。ハイブリッドタイプは、バッテリードローンと比べ飛行性能が圧倒的に優れており、物流など様々な用途で活用の幅が広がるとしている。(田中信也)
【写真=最大飛行時間は180分(エアロレンジ・プロの試作初号機)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト