物流ニッポン > シバセ工業、3月のストロー販売3倍 飲酒検知器むけ
産 業
2020/05/19

シバセ工業、3月のストロー販売3倍 飲酒検知器むけ

t.kokudo
物流ニッポン

 ストローを製造するシバセ工業(磯田拓也社長、岡山県浅口市)では使い捨ての「アルコール検知器用ストロー」の受注が増えており、金額ベースで3月は前年同月比約3倍、4月は約1.4倍を販売した。新型コロナウイルス感染拡大の中でトラック運送事業者の感染予防対策のため需要が伸びている。特に個包装の引き合いが多いという。(辻本亮平)
【写真=アルコール検知器用ストローを個包装で製造しているのは同社のみという】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト