物流ニッポン > 近畿の事業者、買いだめ発生で負担増 食料・医療品の輸送量⤴
物流企業
2020/05/12

近畿の事業者、買いだめ発生で負担増 食料・医療品の輸送量⤴

t.kokudo
物流ニッポン

 【大阪】国が緊急事態宣言の対象を全国に拡大し、「特定警戒都道府県」に指定したことを受け、大阪、兵庫、京都の各府県では外出自粛要請や施設の使用制限要請といった緊急事態措置が講じられている。遊興施設や劇場、運動・遊戯施設などに休止要請が出ているものの、生活必需品の販売店などには要請されていないこともあり、トイレットペーパーや冷凍食品などの買いだめが発生。特に、医療品需要の高まるドラッグストアなどでは平常時以上の混雑となっており、それらの運送を手掛ける事業者の負担が増している。これに加え、外出自粛に伴い廃棄物量も増えてきており、この処理を担う事業者にも負担が掛かっている。(蓮尾輝、小菓史和、渡辺弘雄、根来冬太)
【写真=マスクなど特定商品の需要増が続く】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト