物流ニッポン > デリバリーサービス、BtoBからBtoCへ 「置配便」でコスト削減
物流企業
2020/05/05

デリバリーサービス、BtoBからBtoCへ 「置配便」でコスト削減

t.kokudo
物流ニッポン

 【東京】ネット通販などの宅配業務を都内全域で展開するデリバリーサービス(志村直純社長、東京都府中市)は新型コロナウイルスの感染が拡大する中、BtoB(企業間)からBtoC(企業-消費者)物流に大きくかじを切っている。軽貨物運送を主力業務に、個人委託を含めて車両600台超を管理し、多くの直荷主を抱えている。志村社長は「1年以上の時間をかけ、BtoC中心に業務転換を進めてきたのが幸いした」と話す。(佐々木健)
【写真=17年8月に「置配便」を商標登録】

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト