物流ニッポン > 熊本輸送団地協組 備蓄用1坪コンテナ
団 体
2020/05/01

熊本輸送団地協組 備蓄用1坪コンテナ

t.kokudo
物流ニッポン

 【熊本】熊本輸送団地協同組合(永井正人理事長)は、大規模災害に備え、11個の「備蓄用・一坪コンテナ」を本部と10組合員の事業所へ設置し、4月初旬から本格運用を始めた。2016年4月に発生した熊本地震を受け、共同事業・コンプライアンス(法令順守)委員会(永井委員長)が検討を重ねてきた。当初、地震や台風、水害などを想定した備蓄を考えていたが、今後は新型コロナウイルスなど感染症への対応も視野に備蓄品を増やしていく。(武原顕)
【写真=屋外での耐候性、耐食性、耐摩耗性に対応】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト