物流ニッポン > 飲酒検知器「感染不安」 国交省が取り扱い通知
物流
2020/05/01

飲酒検知器「感染不安」 国交省が取り扱い通知

t.kokudo
物流ニッポン

 アルコール検知器を介した新型コロナウイルス感染の懸念が交通・運輸事業者に広がりつつある中、国土交通省自動車局は、検知器の取り扱いについて、関係事業者団体へ通知した。アルコール検知器メーカー側の知見を踏まえ、主に正しい除菌方法を呼び掛けるものだが、既に独自の予防対策を進める事業者もある。一方、一部のメーカーは「媒介の可能性は否定すべきでは無い」との姿勢から、IT(情報技術)・ロボット点呼の活用に加え、点呼での飲酒検知停止の時限的措置にまで踏み込んでいる。(田中信也、辻本亮平)
【写真=飛沫感染を防ぐため、シーエックスカーゴでは独自の取り組みを推進】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト