物流ニッポン > ホクレン、片荷輸送解消へ 折り返し便に肥料積載
荷 主
2020/05/01

ホクレン、片荷輸送解消へ 折り返し便に肥料積載

t.kokudo
物流ニッポン

 ホクレン農業協同組合連合会(内田和幸会長)は関係者と連携し、道内鉄道輸送の片荷解消を図る動きを進めている。北見駅(北海道北見市)からタマネギを運ぶ列車の折り返し便に、従来は船とトラックで輸送していた肥料を積載。駅で取り扱う貨物を増やし、鉄道網の維持を目指す。苫小牧貨物駅(苫小牧市)から富良野駅(富良野市)に向かう鉄道でも試験的に始めており、ドライバーの労働環境改善につなげている。(土屋太朗)
【写真=JAきたみらいが取り扱う2千トンの硫安のうち、800トンを鉄道輸送に切り替え】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト