物流ニッポン > JR貨物、札幌でレールゲート運営 22年5月竣工 大和ハウスと共同
物流企業
2020/04/21

JR貨物、札幌でレールゲート運営 22年5月竣工 大和ハウスと共同

t.kokudo
物流ニッポン

 日本貨物鉄道(JR貨物)は15日、大和ハウス工業との共同事業として、札幌貨物ターミナル駅構内で「DPL札幌レールゲート」を運営する、と発表した。マルチテナント(複数企業入居)型物流施設「レールゲート」は、東京レールゲートWEST及び同EASTに続く第3弾。北海道最大級の物流施設を設置することで、鉄道コンテナ輸送を組み合わせた総合物流サービスを提供することができるという。(井内亨)
【写真=鉄道コンテナ輸送を組み合わせた総合物流サービスを提供(完成予想図)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト