物流ニッポン > ティーエス自動車グループ、整備・物流で相乗効果 顧客ニーズ的確に把握
産 業
2020/04/17

ティーエス自動車グループ、整備・物流で相乗効果 顧客ニーズ的確に把握

t.kokudo
物流ニッポン

 【岡山】自動車整備事業のティーエス自動車(齋藤時彦社長、岡山市東区)は、2002年の設立以来、業務の裾野を広げ、05年にはティーエス物流(同、南区)を設立して一般貨物自動車運送事業に進出。互いに関連が深い整備・物流事業を同時に展開することで相乗効果を生んでいる。また、顧客ニーズを的確に把握し、きめ細かなサービスを提供している。20年3月には両社で健康経営優良法人の認定を取得。人手不足が深刻化する中、職場環境の改善に力を入れ、今後は物流事業を拡充する方針だ。(江藤和博)
【写真=ティーエス物流はウィング車を中心に18、19台を保有】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト