物流ニッポン > 福島運輸、甲府に4温度帯センター AI活用 作業時間60分→15分
物流企業
2020/04/10

福島運輸、甲府に4温度帯センター AI活用 作業時間60分→15分

t.kokudo
物流ニッポン

 【山梨】福島運輸(福島文雄社長、山梨県笛吹市)が甲府市で建設を進めていた「甲府白井クロスドックセンター」(仮称)が竣工、13日から稼働する。東京―長野の中継基地としての役割を果たすほか、海上コンテナによる輸出入拠点としての利用増を見込み、保税蔵置場の許可を取得する計画がある。また、今後の5G(次世代通信規格)時代に向けたIT(情報技術)化の促進により、働き方改革の実証実験も展開していてく方針だ。(谷本博)
【写真=海上コンテナによる輸出入拠点としての利用増を見込み、保税蔵置場の許可を取得する計画】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト