物流ニッポン > 徳島道・松山道4車線化、災害時補完&運行時短 「四国にとって画期的」
行 政
2020/04/10

徳島道・松山道4車線化、災害時補完&運行時短 「四国にとって画期的」

t.kokudo
物流ニッポン

 2020年度に新たに着手する高速道路暫定2車線区間の4車線化候補として、徳島自動車道・土成インターチェンジ(IC)―脇町IC(7.7キロ)、松山自動車道・伊予IC―内子五十崎IC(9.7キロ)が挙げられた。災害時などの緊急輸送道路の必要性を訴え、徳島道の4車線化を要望してきた徳島県トラック協会の粟飯原一平会長は「徳島だけでなく四国の物流業界全体にとって画期的」と受け止めている。また、徳島道の4車線化と相まって、21年度末に予定されている四国横断自動車道の徳島ジャンクション(JCT)―徳島東ICの開通により、マリンピア沖洲(徳島市)の物流拠点としての利便性向上が期待される。(江藤和博)
【写真=脇町ICから東に7.5キロの区間は16年度から4車線化工事が始まっている】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト