物流ニッポン > 内閣府/スマート物流PJ、岐阜モデル構築を全国へ 「物流」軸に製造管理
行 政
2020/03/27

内閣府/スマート物流PJ、岐阜モデル構築を全国へ 「物流」軸に製造管理

t.kokudo
物流ニッポン

 内閣府が推進する戦略的イノベーションプログラム(SIP)第2期の「スマート物流サービス」のプロジェクト(PJ)では、物流・商流データ基盤の構築に向け、「日用消費財」「ドラッグストア・コンビニエンスストア」「医薬品医療機器」「地域物流」の4領域で概念実証(POC)を行っており、今秋までに検証結果を取りまとめる。このうち、地域物流の実験では、製品分野が異なる岐阜県の製造業者のサプライチェーン(SC、供給網)の受発注情報を共有し、マッチングを行って共同輸送などを実施。データ基盤構築の要素基礎技術の検証にとどまらず、事業化を見据えたモデルをつくり上げ、水平展開を図っていく方針だ。(田中信也)
【写真=「計画段階で調整できることで、荷主、トラック事業者の双方の物流の最大効率化につながる」と田中・プログラムディレクター】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト