物流ニッポン > 勤務中事故の逆求償、物損へ適用の可能性 最高裁判決 会社も責任
行 政
2020/03/27

勤務中事故の逆求償、物損へ適用の可能性 最高裁判決 会社も責任

t.kokudo
物流ニッポン

 最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)が、勤務中に人身事故を起こしたトラックドライバーが被害者に賠償した後、会社に相応の負担を求めることは「可能」と判断したことにより、トラック運送業界に一定の影響が出そうだ。今後、同様のケースは今回の最高裁判決に沿って判断され、勤務中の人身事故だけでなく物損事故でも、ドライバーから会社への求償が認められる可能性がある。また、直接の雇用関係に無い軽貨物ドライバーなどへの適用も考えられる。(辻本亮平)
【写真=今回の判決は民法の解釈を争点としており、会社と雇用関係に無い場合にも適用されることが考えられる(最高裁)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト