物流ニッポン > スワップボディーコンテナ/高伸物流、県内で初導入 化成品共配の効率化むけ 保管型拠点8月稼働
物流企業
2020/03/24

スワップボディーコンテナ/高伸物流、県内で初導入 化成品共配の効率化むけ 保管型拠点8月稼働

t.kokudo
物流ニッポン

 【栃木】高伸物流(萩原和志社長、栃木県野木町)は10月にも、栃木県で初めてスワップボディーコンテナを導入する。北関東を中心に化成品共同配送の効率化のためで、コンテナを3個導入するのに合わせ、対応した大型車両を2台導入。更に8月には野木町内に大手化成品メーカー向け共配用の保管型センター(TC)を稼働させる予定だ。(佐々木健)
【写真=保管型共配センターは8月稼働予定(完成予想図)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト