物流ニッポン > 中国陸運、冷凍食品共配を拡大 倉庫の収容能力増強
物流企業
2020/03/20

中国陸運、冷凍食品共配を拡大 倉庫の収容能力増強

t.kokudo
物流ニッポン

 【岡山】中国陸運(西尾義輝社長、広島県廿日市市)では今春から、冷凍食品の共同配送を拡大する。岡山南営業所水島センター(岡山県倉敷市)で4月以降に新規の取り扱いが始まるのに備え、同センター内の冷凍庫を2月上旬に増設した。
 既設のチルド庫のうち500平方メートルを冷凍庫に改修し、重量ラックを備えた。これにより、冷凍食品の収納能力がパレット270枚分増強した。一方、改修によって減少したチルド庫の収納能力を補うため、同センターにある別区画のチルド庫内に4月以降、重量ラックを設置する計画。(矢野孝明)
【写真=重量ラックを備え、冷凍食品の収納能力がパレット270枚分増強】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト