物流ニッポン > 光輪ロジ、休校措置受けテレワーク 配車業務を在宅で
物流企業
2020/03/20

光輪ロジ、休校措置受けテレワーク 配車業務を在宅で

t.kokudo
物流ニッポン

 【北海道】光輪ロジスティクス(沼崎孝則社長、北海道登別市)では、新型コロナウイルスの流行に伴う小中学校などの休校措置を受け、2月末から配車業務などで在宅勤務を始めている。アマノビジネスソリューションズ(錦織利行社長、横浜市港北区)のクラウド型勤怠管理サービス「CLOUZA」を導入。子育て中の従業員からの相談を機に、働き方の見直しを進め、緊急事態に対応する。(朽木崇洋)
【「在宅であれば働ける」という層の採用にも利用したい考え(本社)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト