物流ニッポン > 白石倉庫、遊休施設をリノベ 市内や仙台エリア
物流企業
2020/03/13

白石倉庫、遊休施設をリノベ 市内や仙台エリア

t.kokudo
物流ニッポン

 【宮城】白石倉庫(太宰栄一社長、宮城県白石市)は、遊休施設のリノベーションに取り組んでいる。現在、工場から倉庫への改修工事が白石市で進められており、6月のオープンを目指す。
 宮城県内ではここ数年、震災後に相次いで建設が進められてきた倉庫も一服感が漂い、不要となって取り残されたままの古い倉庫や工場などが散見されるようになった。同社ではこうした物件を改修し、新たな価値を加えた施設として再生を図っている。(今松大)
【写真=白石市で工事中の物件は、6月オープン予定】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト