物流ニッポン > タカラ倉庫/タイヤ保管サービス、全国にパートナー拡大 大阪府むけ 尼崎南運輸と連携 本数は11年で6倍
物流企業
2020/03/13

タカラ倉庫/タイヤ保管サービス、全国にパートナー拡大 大阪府むけ 尼崎南運輸と連携 本数は11年で6倍

t.kokudo
物流ニッポン

 タカラ倉庫運輸サービス(渡辺忠社長、神奈川県海老名市)は3月下旬から、ホイール付きオフシーズンタイヤの保管、荷役、配送を行う「タイヤお預かりサービス」の大阪府内向け業務を、尼崎南運輸(中島孝博社長、兵庫県尼崎市)に委託する。これまで大阪府内向けのタイヤは、タカラ倉庫の岡山の倉庫で保管し、大阪へ配送していた。今後は尼崎南運輸の営業倉庫で保管・荷役を行い、府内の自動車ディーラーなどに配送する。同サービスの需要は旺盛で、タカラ倉庫では全国でパートナー企業との提携拡大を進めていく。(吉田英行)
【写真=繁忙期の大量の受注や、サイズや種類の違うタイヤ1本ごとの管理にも対応】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト