物流ニッポン > NASVA秋田支所、所内にギャラリー開設 交通事故被害者らの作品
団 体
2020/03/10

NASVA秋田支所、所内にギャラリー開設 交通事故被害者らの作品

t.kokudo
物流ニッポン

 【秋田】自動車事故対策機構(NASVA)の秋田支所(亀井憲支所長)は2月20日、安全意識の高揚に向け支所内に「ナスバギャラリー」を開設した。自動車事故の遺族(交通遺児)や重度後遺障がい者らの創作作品の展示を通して、交通安全の意識を高め、悲惨な交通事故を1件でも防止するのが目的。当日、関係者による設置記念式典が開かれた。
 ギャラリーは、同支所が入居する秋田市八橋の県自動車会館3階に設置。交通事故で体が不自由になった6人の被害者が制作したステンドグラスや絵画など約50点の作品を展示。作品には被害者のメッセージも添えられている。(黒田秀男)
【写真=ステンドグラスや絵画など約50点の作品を展示】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト