物流ニッポン > LNJ、帯広畜産大に実験用農園 北海道農業の発展へ連携
物流企業
2020/03/03

LNJ、帯広畜産大に実験用農園 北海道農業の発展へ連携

t.kokudo
物流ニッポン

 ロジネットジャパン(LNJ)は2月25日、北海道農業の発展に向け、帯広畜産大学と連携協定を結んだ。大学の敷地に、同社がジャガイモを生産する実験用の農園を開設。生産に加え、加工や保管、流通も行う「6次産業化」の確立を目指し、長期貯蔵を実現するための研究や人材育成を進める。将来的に、季節波動などの農産物輸送の課題解消や輸送需要の増加にもつなげたい考えだ。(土屋太朗)
【写真=協定書を持つ木村社長㊧と帯広畜産大の奥田学長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト