物流ニッポン > 京都府警、京都市で駐禁規制見直し 五条通の一部区間 貨物車用枠を新設
行 政
2020/02/28

京都府警、京都市で駐禁規制見直し 五条通の一部区間 貨物車用枠を新設

t.kokudo
物流ニッポン

 京都府警は21日から、京都市東山区の五条通の一部区間で、駐車禁止規制を見直した。2018年12月から緩和された御池通(京都市中京区)に続くもので、指定区間では午前6時~午後8時、指定枠内へのおおむね20分程度の駐車であれば、集配中の貨物自動車は取り締まり対象から除外される。
 対象車両は、軽貨物自動車を含む営業用と自家用の貨物自動車で、区間は川端五条交差点から五条陸橋入り口までの450メートル。新たに表示された貨物車用の白線枠内で、荷役作業に限り駐車できる。(小菓史和)
【京ト協の職員がチラシを配布】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト