物流ニッポン > 白金運輸、企業の輸出拡大後押し 小口混載貨物 ルート確立へ実証実験 県内港湾活用むけ
物流企業
2020/02/14

白金運輸、企業の輸出拡大後押し 小口混載貨物 ルート確立へ実証実験 県内港湾活用むけ

t.kokudo
物流ニッポン

 白金運輸(海鋒徹哉社長、岩手県奥州市)は、岩手の企業の輸出拡大を後押ししている。同県県南広域振興局の委託を受け、県内の港湾を活用した小口混載貨物の輸出ルート確立に向けた実証実験を2回実施。京浜港を利用するより低コストで出荷しやすい環境を整備し、輸出促進を図るのを目的としている。両者がタッグを組み、沿岸部や内陸部など集荷拠点を変えた実験で、より利便性の高い方法を探っていく。(今松大)
【写真=内陸部で日本酒と南部鉄器を積載(7日)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト