物流ニッポン > ミカワ、人材育成軸に組織づくり 多能工化&外国人採用 伸縮台車を増車
物流企業
2020/02/11

ミカワ、人材育成軸に組織づくり 多能工化&外国人採用 伸縮台車を増車

t.kokudo
物流ニッポン

 【広島】重量物輸送のミカワ(三川謙二社長、広島市安佐北区)は2020年から、人材育成を軸に組織づくりを強化する。乗務員に配車計画を作成させたり、運行管理者補助者などに就かせたりして多能工化。また、3月にはベトナム人の技能実習生3人を整備士として採用し、整備業務の内製化を進める。その一方、19年11月には、輸送する建設機械の大型化に合わせて伸縮台車(全長19メートル、最大積載量約35トン)を1台導入。3月には更に1台増車し、搬出入や据え付けまでカバーする付加価値の高い物流サービスを強化していく。(江藤和博)
【写真=19年11月に導入した伸縮台車】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト